2014年11月25日

琥珀色の畳

 熊本城の本丸御殿大広間の復元が、
    平成20年に完成し 6年たちました。
IMG_6233.JPG

 い草の産地の熊本城 だから 最高の畳が入っているはず。
   6年たったら どんなふうになっているかナーと。興味しんしん。
     気になり 立寄りました。
IMG_6208.JPG
 100畳 以上の畳が、美しい琥珀色になっていました。
IMG_6213.JPG
その中に身を置くと、荘厳な雰囲気に圧倒されそう。
IMG_6211.JPG
 
 畳の持つ 優しさ 美しさ 気持ち良さを実感しました。

 畳は農産物、作り手の魂が入った畳はスバラシイ!!。

posted by igusa-ya at 16:31| Comment(1) | 畳のこと
この記事へのコメント
ご無沙汰してますm(__)mお元気そうで!
熊本城 行ってみたくなりました!

実は前に頂いた畳の切れ端
あれを使いたくて京都府立植物園の展示会に作品をまた出してみました(^-^)/
画像張り付けますね
だだくさな性格が出てバックのい草がまん丸でないのが私らしくてご愛嬌です(^^)(^^)
でもちょっと残念!
京都はまん丸が審査員ウケするらしいです
今日 搬入して来ましたが大作ばかりで焦りました(^^)
もし京都へ出向かれるご予定がおありでしたら1月いっぱいやってますので京都府立植物園まで足をのばしてみてくださいm(__)m

バックの塗装は前にお話したように
ご近所の板金屋さんになす紺に調合して頂いた塗料です
植え込みの中には 実は桑名の畳屋さんから頂いたヘリがひねって入れてあります
真っ赤にヘリが欲しくてイトウさんと別の所を探してしまいましたm(__)mすいませんm(__)mm(__)m
真っ赤に梅の柄と紺の菱形柄の2種類が入っています
拡大して見てくださいm(__)m


ではまた遊びに伺いますね!
何かまた手作りのお茶を頂きたいです!(^^)
楽しみにしております
先ずは畳のお礼までm(__)m

菰野 石川浩子

ごめんなさい画像張り付け方 分かりませんです
誰かに聞いてみます!
待っててくださいm(__)m!!

Posted by 菰野の石川です(^-^)/ at 2015年01月10日 14:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


トップページに戻る